ブラキオサウルス(Papo)

PAPO

はじめに

※本ページはプロモーションが含まれています。

フランスPapo(パポ)社のブラキオサウルスの紹介です。
とにかく大きい!
大迫力のフィギュアです。
これがコレクションの中に1体あれば、恐竜の世界観がぐっと増します。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

ブラキオサウルスとは、”腕のトカゲ”という意味だそうです。
どういう意味なのか、ちょっと考えてしまいますね。
生きていた時代は、ジュラ紀後期〜白亜紀前期です。
なので、ティラノサウルスとはかぶっていません。
全長25メートルなので、ちょうど小学校のプールくらいありますね。
巨大です。

そういえば、私が子ども時代に読んでいた図鑑には、ブラキオサウルスは巨体過ぎるため、水中で生活していたと書いてありました。
今ではこの説は否定されているようです。

外観

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

四つ脚で、しっかりと自立しています。
今にも次の一歩を歩き出しそうなポーズですよね。
いろいろな方向から見てみましょう。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー
大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー
大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー
大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

重厚感があります。
前脚が後脚よりも長く、長い首をしっかりと支えています。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

大きさ

大きさは、395 × 80 × 300mmです。
数字だけだとわかりにくいと思うので、いろいろな物と比べてみました。

ミニトマトと比較。
撮影後にこのトマトは美味しくいただきました。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

話題のスティックのりと比較。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

最後に、働くお父さんたちの味方、アリナミンEX PLUSと比較。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

とにかく大きいんです。
うちにあるTANITAのキッチンスケールで計ったところ、なんと928グラムもありました。
Papoの恐竜フィギュアの中では、間違いなく一番重いです。

細部

太い首に、皮膚のしわが見事に表現されています。
目は山吹色。
顎は開閉しません。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

この筋肉と皮膚の感じ、リアルで良いすね。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

上から見たところ。
ブラキオサウルスの背中に乗って、恐竜世界を探検してみたいです。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

おすすめのアングル

やはり、実物大のブラキオサウルスを想像して、下から見上げたアングルです。

大人の恐竜模型館 Papo ブラキオサウルス 恐竜フィギュア レビュー

草食恐竜なので、観葉植物と一緒に飾ってもいいですね。
ブラキオサウルスのフィギュアはずっと欲しかったのですが、お小遣い制の私はなかなか手が出ませんでした。
買って良かったです。

おわりに

ショッピングモールに行くと、ガチャガチャが沢山並んでいるコーナーがあります。
子ども向けのガチャガチャに混じって、たまに恐竜フィギュアのガチャガチャがあったりすると、買おうか迷いますよね。
値段は400〜500円くらい。

1つ買うと、全部集めたくなっちゃって、結局数千円使うことになったりして。
となると、数千円のフィギュアを買うべきかな・・・と思ったり。

どうしようかなと悩みながら、ガチャガチャの前で佇むことが増えました。

昔、ガチャガチャって100円でしたよね・・・。(歳がバレるな)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
PAPO
恐竜土偶をフォローする
大人の恐竜模型館
タイトルとURLをコピーしました